芸能の歴史

タレントの歴史とは、言い換えるとお笑いとか芸能の歴史になります。
古くは太陽神があまとのいわとに閉じこもり、世界が真っ暗になったおりにその外側でこれを引き出そうとして大宴会を行い、ついにいわとのそとへ連れ出すのに成功した昔話が残っています。
何ごとかといわとを開いたのには踊り子の存在があり滑稽さが関与していたとされています。
その後能や狂言、江戸時代の滑稽本へと進み、歌舞伎や落語に進展して行きました。
近代になってからは漫談や漫才、新喜劇が楽しまれるようになり、テレビが放映されるようになるとコメディが流行りとなりました。
舞台中継や娯楽映画が製作されるようになって映画俳優やタレントが多く起用される時代なって行きました。
最近では芸人のコントも笑いをとるということでこの道に進む人も多いようです。
また、人材派遣会社を利用して素人の結婚式やイベントにもタレントをキャスティングできるようになっています。

歌手や音楽グループ、モデルなどがこれに含まれ、どこかの芸能事務所に所属して活動しています。
主にスケジュール管理に従って日々マネジメントが行われています。
時には多く仕事が集中することがあり、どちらの仕事を優先させるべきか選択を迫られる場合もありギャラや人間関係、今後の影響などを加味しながらそれぞれにスケジュールがこなされている状況にあるようです。
将来に対する展望としては、オーディションも行われ有望な新人発掘や育成が行われていて教育環境も整えられ、テレビ局のプロデューサーやディレクターのキャスティングにも協力するような体制が取られています。
養成学校へ志願者が詰め掛けて練習や訓練を積んでもメジャーになれるのはその一握りに過ぎないといわれています。
芸能人や歌手は一通りの練習からデビューまでの成功のビジネスモデルを確立しなければ、これまでに投資した膨大な育成費用も回収できないという予測が立てられています。

歌手や俳優、司会者等の契約期間は普通は1年から3年ごとに契約更新されますが、10年となっている場合はその間には短期間で大きく収入が変わる可能性もあります。
こうなると契約どおりに固定給しか支払われなくなるので不利な立場となることも出て来ます。
よって契約は長期ではなくてやはり3年以内とするほうが無難といえます。
モデルや芸能人を起用したCMなどで商品イメージが定着した場合には、これをを変更するにはリスクも多いものです。
商品のイメージの硬直化が起こっている場合にはこれを変更することが有効な場合もあります。
その場合には全然別個のタレントを起用するよりもイメージの似通ったタレントに変更するほうが資産の引継ぎには有効とされています。

オススメリンク

インターネット時代の到来

現在、日本でタレントとして活動を続ける場合、その方法は限られています。
プロダクションに所属して個人事業主として活動するか、独立して自ら事務所を立ち上げるか、人材派遣会社に所属するかの三つです。
一方近年では「タレント」の活動場所や括りも…Read more

幅広く活躍する方法

今も昔も芸能界と言えば私達にとって憧れの世界です。
全国で数えるほどの人達しか表舞台に立てない世界で、スポットライトを浴びて大勢の注目を集めるテレビの仕事は男女共に大きな魅力なのです。
芸能人として活躍する場合、現在では事務所に所属するか…Read more

新人のオーディション

キャスティングを始めとする様々な人材派遣を行う会社では、時に新しい人材の発掘も行います。
各ジャンルごとにオーディションを行い、より幅広い層の中から新人を見出して育成していくのです。
このような会社では、様々なイベントなども手掛けています…Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年8月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31